お金を引き寄せる人、離れていく人

類は友を呼ぶ…という言葉がありますが、優しい人のところには前向きで幸せそうな人が集まっているように感じること、ありませんか?このことわざからが表現している通り、自分の環境というのは自分自身が引き寄せているのに他なりません。お金の事もそうであり、お金借りたいと願っていると、それに関連した人や物事が引き寄せられていきます。お金は自分の手で引き寄せることができるのです。その為には、意識から改革していく必要があります。

 

まず、お金とは、自分にとって一体どんな存在のものなのでしょうか?お金に対してプラスの考えを持っている人には、不思議とお金が集まってきます。反対に、お金に苦労している、お金に騙されたようなイメージを持っていると、なかなかお金が寄らずに離れてしまう事も…。なるべくポジティブな気持ちをもつようにし、お金に対していつでもいいイメージを持てるようにしたいものですね。

 

ちなみに、お金を持っている人をみて、ねたみや嫌な気持ちになってしまう人は要注意です。楽しそう、嬉しそう、自分もああいう風になりたいな…なんてプラスにとらえる様にするのがいいです。


目標と努力が大事

お金を引き寄せる人になる為には、具体的にどれくらい稼ぎたいのかを明確にイメージします。「月収○○万稼げるようになる!」と明確に言えるようにします。「たくさん稼ぎたい」とか「困らない程度にあればいい」と言っているようでは、お金は引き寄せられれません。具体的にイメージすることで、より現実に近づきやすくなるのです。そして、現実的に少しでもお金が手に入っているといった認識が持てるようになると、それが積み重なってやがては大きなものとなっていきます。

 

とはいえ、お金は何もしないで増える事はありません。つまり、努力なくして増える事はないのです。お金が増える様に努力しなくてはいけないのです。お金を引き寄せる人というのは、頑張っている自分を最高に褒めています。
逆にお金が離れていってしまう人というのは、「あくせく働くなんて苦しくてしんどいもの…」と思うようです。そんな風に思っているようでは、お金もそっぽを向いてしまいます。お金を稼ぐことが楽しいと思う事で、効率よく引き寄せる事ができるようになるのです。


お金にとって財布は家

お金を引き寄せる人が持っているお財布は、中身がとてもきれいに整理されています。お札と小銭を別々に分けている人もいて、いくら入っているかもきちんと把握しています。もちろん、カード類もしっかりと分類分けされていて、必要な時にササッと出せるようになっています。

 

これとは逆に、お金が離れていってしまう人のお財布というのは、中身がぐちゃぐちゃなだけでなく、お財布自体も古くてボロボロ…。いつのだかわからないようなレシートまで入っていて、まさにカオス!

 

お財布というのは、お金にとっては家になります。お金も人と一緒で、やはり住み心地の良い家に住みたいと思うもの。汚い家では逃げたくなります。お金に好かれる財布をもつことが、お金を引き寄せる事になるのです。なるべくならお札や小銭を分けるようにし、レシートは捨てか、必要であれば別の場所に保管するようにしましょう。ポイントカードもきちんと整理しておきましょう。

 

また、お金を引き寄せつ大事な事は、目標額を現実的にすることです。「したい」「こうなったらいいな」で終わるのではなく、現実にするようにリアルに想像していきます。「こうなったらいいなぁ」とか「そんなのは理想だよ」なんて言っているようでは、お金は引き寄せられないのです。


貯めるだけではお金は引き寄せられない

お金が手に入ったら…どうしますか?その使い方で、お金に好かれる人、好かれない人とに分かれます。

 

前者のお金に好かれる人というのは、以外にもお金を使う人。といっても、無駄に使うのではなく自己投資や趣味など、きちんと意味がある使い方をする人です。自分のスキルがアップするような使い方をすると、それは収入や人脈などにプラスに働き、ますますお金を引き寄せる事につながることもあるのです。

 

そして、お金にすかれない人というのは、がつがつとお金を貯めることばかりする人です。貯金は悪い事ではないのですが、あまり使わなさすぎるのも問題。「金は天下の回りもの」といったことわざがあるように、お金を使わずに独り占めするのはよくないのです。貯金も大事ですが、少しは使うようにすることで、次のお金が入ってきやすくなるのです。

 

また、感謝の気持ちを持っている人というのはお金に好かれます。他人から指摘された時、「教えてくれてありがとう」と言える人と、「うるさいなぁ」という人ではまったく違うのです。「ありがとう」と感謝する気持ちには、たくさんの良いエネルギーがつまっています。そういったプラスの気持ちが、その人の成長や明るい人間関、そしてお金を引き寄せていくのです。短所や欠点、コンプレックスなところも認め、良い方向に活かせるように前向きに行動することで、お金も次第に引き寄せられていきます。日々、感謝の気持ちをもって接するようにしましょう。


更新履歴